探偵社ブログ

不倫にハマったママ友

不倫にハマったママ友を批判していた自分が…ミイラ取りがミイラになって、今思うこと

 

親しいママ友が不倫していると知ったとき、正義感がむくむくとわいて「なんとか引き戻さなければ」と思ってしまう人がいるようだ。うまく説得できればいいが。

大事な友人だと思ったから

アヤさん(43歳)には、子どもが保育園時代から親しくしているママ友・マサミさんがいる。

「1つ年下のマサミさんは私をとても慕ってくれていました。
子どもが別々の小学校に入ってからも、アヤとだけは仲良くしていたんです」

ところが1年前、アヤさんがひっそりとマサミさんに打ち明けた。
「私、実はつきあっている人がいるんだ」と、、、、

 

「驚きました。アヤはずっとフルタイムで働いているけど、旦那さんともすごく仲良しだし、いつも一家4人で出かけたりしていたから。
でも『学生時代につきあっていた元カレにばったり会っちゃったのよ。就職してお互いに環境が変わって自然消滅したんだけど、私はずっと彼が好きだった。悩んだけど止められなかったの』って。

いやあ、それはまずいよ、あなたには愛する家族がいるんでしょうと言ったんですが、『家族愛と恋愛は違うよ』と真顔で言われて。内緒にしてねと頼まれて、もちろんそうするつもりだったけど、なんとか彼女の不倫をやめさせなければと思うようになりました」

アヤさんが不幸な道を一目散に走っている。
マサミさんはそう感じたのだという。だからことあるごとに「やめなよ」「もう別れた?」「家族が大事だよ」と言い続けた。

「アヤはそれがうっとうしかったんでしょうね。
『一度、彼に会ってくれない? 彼に会えばわかってもらえるから』と言い出したんです」

不倫=泥沼=離婚=不幸という図式が頭の中で渦巻いていたマサミさんは、アヤさんの彼を説得しようと思い、会うことを了解した。

彼が友人を連れてきて

ある祝日の前の晩、マサミさんは早く帰れると言う夫に子どもたちの夕食を託し、仕事を定時で切り上げてアヤさんと待ち合わせた居酒屋個室へと向かった。

「通された部屋には、アヤと彼が並んでいました。
私が向かいに座ると、ドタバタと駆け込んできた男性がいたんです。
『この人は彼の友だちなの。どうせなら証人になってもらおうと思って』とアヤ。
私はアヤも真剣に考えているんだなと思ってしまった」

マサミさんは必死にアヤさんと恋人に「別れるよう考えて」と訴えた。
家族を裏切るのはよくない、子どもたちがかわいいでしょう、と。

すると、黙って聞いていたアヤさんの彼の友人であるシンジさんが、「ここにいる4人、みんな既婚だと聞いているけど、家庭は家庭で大事、でも恋愛したいという思いはあると思うんだよね」と言い出した。

「なんだコイツと思いました(笑)。友人なら、大事に至る前に友だちを救えよ、と。私はさらに熱くなって、不倫なんていけないと正論をぶちかました。だけどシンジが、いちいち反論してくるんですよ。負けるもんかと思って議論を戦わせました」

2時間ほどたって場は解散となった。
割り勘でシンジさんが会計をしている間、アヤさんと恋人は消えていた。結局、ふたりには自分の言葉がまったく響かなかったのかと思うと、マサミさんは無力感にさいなまれたという。

「そんな私を見て、シンジが一軒だけ軽くいこうと言い出して。
彼との論争はまったく終わっていなかったので、彼の知っているバーに行って、またも議論になりました。

彼は『あの二人だってそんなにバカなことはしないよ。
大人なんだから信じてあげることも必要なんじゃないの、大事な友だちなら』というから、『大事な友だちだからこそ、泥沼になる前に救い出したいのよ』と言い張ったんです。

どこまで行っても平行線なんだけど、そのうちこんなに言いたいことを言い合っても不快にならない人っているんだなとおもしろくなってきました」

シンジさんのほうも、「あなたはおもしろい人だね」と言った。普段から、まじめで正義感が強いと言われているマサミさんは、「おもしろい人」と言われたのは初めてだった。その評価もなぜかうれしかったのを覚えている。

「結局、私とンンジ、その後も二人で会っては話すようになったんです。
そして2ヶ月くらいたったとき、『どうしてもあなたをもっと深く知りたい』と言われて……。
ああ、私も不倫をしていると後ろ指をさされるかもしれないと怖くなったのは、彼と関係を持ってしばらくたってからでした」

もちろん、その件はアヤさんには秘密だ。ンンジさんも誰にも言うわけがないと約束してくれた。
だが、恋をすると知らず知らずのうちにたたずまいが変わるのだろうか。

「アヤから、『なんか雰囲気が変わった』と言われてドキッとしました。
もしかしたらアヤは最初から私とンンジが合うと思っていたのかもしれない。そうだとしたら、ミイラ取りがミイラになったようなもの。なんかモヤモヤする。でもンンジに会えたことで、私の視野が広がったのは確かですね」

ンンジさんに会えてよかった、たとえこの恋が終わってもまた友だちに戻れるような相手だと思うとマサミさんは言う。
もしかしたらアヤと恋人も、そんな関係なのかもしれないと感じたとき、「自分の正義の狭さに気づいた」そうだ。
恋は善悪だけでは語れない。

-探偵社ブログ

Copyright© レディース探偵社戸田市相談窓口 | 埼玉県戸田市 | 調査業 | 浮気調査 | 探偵事務所/興信所 | 1時間1,500円~の安心調査 , 2022 All Rights Reserved.